男性

不動産オーナー必見の防火対象物点検|室内を一新する現状回復工事

物件の価値を高められる

住宅

不動産投資に利用するマンションでは、空室が最も懸念される問題となります。立地条件がよく、賃料も安い物件ならば、空室が現れることはないと考える人は多くいるでしょう。しかし、築年数の古い中古マンションなどであれば、建物の見た目や部屋の内装にも劣化が見られるため、借り手が現れにくくなるのです。中古マンションでたくさんの顧客を獲得するためには、建物の見た目を綺麗に一新する必要があります。マンションの大規模修繕を行なう会社に依頼すれば、劣化したマンションの塗装を塗り替えてくれます。塗装を行なうことで、見た目の印象は大きく変わるため、第一印象で借りることを決める人も増えるでしょう。また、大規模修繕会社の中には足場を設置せずに塗装を行なう会社もあります。中古マンション購入時には住民も多く住んでいるため、足場設置によって住民からクレームが来ることもあります。無足場工法で塗装を行なう会社ならば、現在住んでいる人にも負担を与えず塗装を行なうことができるのです。

大規模修繕を行なう会社の中には、マンションのリノベーションを行なうところもあります。建物の基礎や柱などを頑丈に補強することで、築年数の古い中古マンションでも部屋を借りる人が安心して暮らせるようになります。部屋を探している人へアピールをすることができるので、たくさんの人が部屋を借りてくれるようになるでしょう。また、リノベーションを行なうことで、建物の資産価値をさらに高くすることができます。新築のマンションなどを購入する場合、年月とともに価値は大幅に下落します。しかし大規模修繕によってリノベーションを行なったマンションは、中古であるため価値の下落幅も小さくなるので、結果的に資産価値を高いレベルで保持し続けることができるのです。資産運用を行なうならば、中古物件をあえて購入し、大規模修繕を依頼するのがよいでしょう。