男性

不動産オーナー必見の防火対象物点検|室内を一新する現状回復工事

ガスの漏出を防ぐ

自然

オフィスをレンタルで利用している会社などであれば、初めから備え付けられていたエアコンを頻繁に利用しているでしょう。室内でのオフィス業務は、外からの騒音を防ぐため窓を閉め切り、業務公立をあげるためにエアコンを使用します。きちんと稼働すれば問題はないと多くの人は考えますが、古いエアコンを利用する場合フロンガスの漏出に注意しなければならないのです。最近では、改正フロン法によってエアコンの定期点検が義務付けられています。もしも点検を怠り、劣化によってフロンガスが漏れていることが発覚すれば、罰金刑などの罰則を受けることとなります。罰金によるコストは問題となりますが、それ以上に社会的な制裁を受けたという事実は企業に取って大きな痛手となるでしょう。改正フロン法の問題に対処するために、古いエアコンは専門の会社に定期点検を依頼するとよいでしょう。

改正フロン法は、フロンガスを使用しているエアコンだけでなく、代替フロンガスを用いているエアコンにも点検を義務付けています。代替フロンは通常のフロンガスのようにオゾン層を破壊することはないものの、地球温暖化を促進させる温室効果ガスの一つであるため、改正フロン法では代替フロンの漏出にも罰則を与えています。最新型のエアコンでもこの代替フロンは用いられていることがあるため、点検は必須となります。オフィスの移転や買い替えの場合にも、フロンガスは漏れる危険性があります。エアコン機器の取り外しをする場合は、必ず専門の会社に連絡しましょう。