男女

不動産オーナー必見の防火対象物点検|室内を一新する現状回復工事

物件の価値を高められる

住宅

マンションの大規模修繕を依頼することで、部屋の空き室を解消することができるようになります。劣化した外壁塗装を塗り直すことで、下見に訪れた人に好印象を与えられます。また、リノベーションを行なうことで、資産価値の下落を抑えよりよい資産運用が行なえます。

もっと読む

ガスの漏出を防ぐ

自然

改正フロン法では、どのようなエアコン機器でも必ず定期点検を行なうことを義務付けています。一部の冷媒にフロンガスが使用されている古いエアコンだけでなく、代替フロンを用いているエアコンも対象なので注意が必要です。専門の会社に依頼し、定期的に点検を行ないましょう。

もっと読む

空室を回避できる

家

中古マンションであれば、長く住み続けた人が退去した場合、簡単なクリーニングでは部屋を綺麗にすることはできないでしょう。蓄積した汚れや設備の劣化は、クリーニングで対処するのは難しいのです。思い切って現状回復工事を依頼すれば、空室が長く残るリスクを回避できます。

もっと読む

もしもの事態を回避する

ヘルメット

大型のビルやマンション、アパートを経営しているならば、防火対象物点検を定期的に行なわなければなりません。建物を襲う災害の中でも、発生するリスクが高いのが火災です。タバコの不始末や、電線やコンセントからの漏電、ガスコンロからのガス漏れなど、さまざまな要因から火の手は上がります。火による熱だけでなく、発生する一酸化炭素によって意識を失うことで、逃げ遅れて亡くなってしまう人は多くいます。そのため、大型施設を管理するオーナーならば必ず防火対象物点検を実施しなければならないのです。点検を行なう専門の会社で派遣されるスタッフは、しっかりとした有資格者であるため、依頼することで火災への対策を行なうことができます。

防火対象物点検では、火災報知機や煙感知器、さらにはスプリンクラー設備の機能までしっかりと調べます。火災対策の機器は滅多なことでは作動させないため、肝心な時にきちんと作動するかが問題となります。防火対象物点検の会社は、作動ができる状態かを丁寧に調べてくれます。実際に作動させることもないので、マンションで点検依頼をしても、住民に負担を与えることはありません。防火対象物点検では、ほかにも非常口の状態や避難経路のルートなども調べます。大規模修繕などで建物の構造が変化したマンションなどは、火災の際にもきちんと住民が避難できる状態かが問題となります。点検を定期的に依頼することで、火災によって人命を失うといった最悪の状況を回避できるようになるでしょう。